廃車にすると自動車税はいくら戻ってくるの?

廃車にした時の自動車税の還付の額と算出法

自動車税は、毎年、車の所有者がその年の4月分から翌年の3月分までの12か月分を前納、すなわち前もってこれから乗る分の自動車税を支払うことになっています。

 

大抵それは、4月にその車の所有者の元へ送られてきて、5月に納付しているケースが殆どです。

 

なので、年度の途中で車を廃車にした場合には、しかるべき手続きをすれば、車を3月に廃車にした時を除いて戻ってきます。

 

廃車にして自動車税が戻ってくることを「自動車税の還付を受ける」と言います。

 

自動車税還付の例

 

例えば、あなたが1年分の自動車税として仮に12万円納付していたとしましょう。

 

そして、7月に廃車の手続きをしたとすると、8月〜3月までの8カ月分ですから、8万円が還付されるということです。

 

もし、10月に廃車手続きをしたら、5か月分の5万円が還付金として戻ってくるということです。

 

自動車税の還付のやり方

ただし、自動車税の還付は、車の廃車手続きをしただけでは戻って来ません。

 

大抵陸運局と同じ敷地にある自動車税事務所において申告をすると、2〜3か月後に支払通知書が自宅に届くので、それと印鑑を持って郵便局で自動車税の還付を受けることが出来ます。

 

また、車を廃車にすると、重量税や自賠責保険も残りの月数によって還付があるのですが、それはまた違う記事で説明させていただくことにします。

 

自動車税の還付などもすべて無料で代行してくれます!

 

車を廃車にして所定の手続きを踏めば自動車税や重量税などが戻ってくることは分かりました・・・

 

でも、自分でやるのは不安だし面倒だしよくわからない・・・というひとは、専門の業者に任せてしまいましょう。

 

通常、このような廃車専門の買取業者は、あなたに代わって、面倒な手続きをすべて無料でやってくれます。

 

しかも、不要な車を買い取って、処分までしてくれるという非常にありがたいサービスなんです。

 

もし、車の処分や、自動車税の還付、廃車関係でわからないことがあれば、専門業者に一度相談することをオススメします。

 

私のオススメの専門業者をご紹介しておきます。

 

どんな車も高価買取り!廃車買取のカーネクスト